病院勤務の薬剤師の年収は低い?他業種と比較・調査しました

Pocket

薬剤師は世間でも高年収の職業として有名ですが
その中でも病院で働く薬剤師の年収は低いと言われています。
しかし、病院で働く薬剤師の数は多く人気の職場でもあります。
病院の薬剤師の年収が本当に低いのか?他業種と比較調査しました。
そして、病院で働く薬剤師が多い理由についても迫ってみます。

病院薬剤師の年収について

薬剤師の平均年収は400万円~550万円であると言われています。
薬剤師の他業種と比較してみると以下のようになります。
 
調剤薬局
約400~650万円
ドラッグストア
約400~700万円
病院
約300~650万円
製薬会社
約400~800万円
こうしてみると、病院薬剤師は世間一般から見ると充分高給料ではありますが
薬剤師の他業種と比べて年収はやや低めであります。
病院薬剤師の勤め先は、国公立病院と民間病院の2種類があり
勤め先によりまた給与体系が変わってきます。
民間であれば、平均的な年収が300万円~600万円程度と言われています。
国公立病院は公務員として扱われるため
赴任したばかりの薬剤師ですと月収は20万円程度です。
しかし、定期的に昇進することが確約されており平均年収は600万円程度になります。
民間病院は各職場によって昇進スピード 条件が異なってきます。
また、福利厚生面や残業手当が国公立病院の方が手厚いことから
安定した収入を求めるのであれば国公立病院に行く方が良いでしょう。

なぜ病院薬剤師の年収は他業種と比べて低くなるのか?

病院薬剤師も世間一般から見れば、充分な稼ぎはあります。
しかし、薬剤師の業種の中では年収面では劣るようです。

病院勤務の場合、夜勤や救急の患者対応など責任感の大きな仕事が多いのですが
なぜ薬剤師の中で年収が低くなってしまうのでしょうか?

その理由としては、病院で使う健康保険証がヒントとなっています。

日本国民は、基本的に健康保険証を所有しており病院で提示すると
医療費は3割を自己負担、残り7割を国が負担します。

しかし、現在の日本は医療費に割く財源を減らしており
その影響で医療従事者の給与の減額に至っています。

ただ、病院には医師や看護師が在籍していることは必須で給与を守る必要があります。

そのため、優先順位の低い薬剤師などの給与が減らされていくという実情があります。

病院で働く薬剤師が多い理由

病院薬剤師は他の薬剤師の業種に比べて年収は低くなりますが
それでも、新卒の薬剤師も殺到するような人気のある職種です。

なぜ病院薬剤師は人気があり働いている人も多いのか?

それは、病院で豊富な知識を身につけることができるからです。

病院薬剤師も世間一般から見れば、充分な稼ぎはあります。

病院では、通常の薬局では扱っていない医薬品を取り扱ったり
注射調剤業務や入院患者への服役指導もすることができます。

また、医者や看護師と連携をとってチーム医療を体験したりすることで
最先端の医療を学ぶことができるのが大きなメリットです。

これらは、ドラッグストアや調剤薬局では体験できません。

病院薬剤師は、できる仕事が多く患者に貢献できることや
自身の薬剤師としてのキャリアを積みやすいことが人気の理由になっています。

まとめ

病院薬剤師の年収は、世間一般から見ると充分に高給ですが
薬剤師の他業種と比べると低くなります。

しかし、病院で最先端の医療・病院でしかできない薬剤師の仕事をして
社会貢献、自身のスキルアップをお考えであれば
病院で薬剤師として働くという選択はとても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です