薬剤師は年収1000万稼げるのか?職種別のモデルケースを紹介

Pocket

世間では、薬剤師は高給料を得られ安定した仕事だと言われています。

そんな薬剤師ですが、年収1,000万円を達成することは可能なのでしょうか?

この記事では、年収1,000万円に達成するモデルケースをご紹介します。
もしも、転職で年収アップすることなどお考えであれば
参考にしていただけますと幸いです。

薬剤師が年収1,000万円を稼ぐことは可能

結論から述べると、薬剤師が年収1,000万円を稼ぐことは可能です。
可能ですが、あまり簡単ではないということが言えます。

薬剤師は、主に調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬企業の
4職種があります。

以下の表は、この4職種の平均年収になります。

職種 平均年収
調剤薬局 450~600万円
病院 400~550万円
ドラッグストア 450~700万円
製薬企業 650~800万円

 

そして、薬剤師全体の平均年収は約543万円です。

こうして見ると、年収1,000万円に到達するのはなかなか簡単ではないと
いうことがわかっていただけたかと思います。

しかし、これらの4職種の中でも年収1,000万円に到達する
可能性のある仕事が3つあります。

職種別のモデルケースを公開

それでは、年収1,000万円を稼ぐことのできる3つの仕事を以下に示します。

 

①CROのCRA

CROとは受託臨床試験実施機関のことを指します。
このCROは、製薬企業の開発治験をサポートする機関です。

CRAは、医薬品の開発治験に参加する医療機関が顧客となる仕事です。

対象の医療機関の医師に対して、治験の企画計画書の作成とプレゼンを行うほか
治験の状況確認や調査票の記入依頼・回収を行います。

CROにも内資系と外資系の機関があります。

CRAの平均年収は約500~600万円と言われていますが
外資系のCRAの管理職になると年収1,000万円稼ぐことができるようです。

製薬企業のサポート機関であるCROは、薬剤師の職種としても
まだあまり知られていません。

そのため、人手も少なく高年収の求人が多いので穴場の職種と言えます。

②製薬企業のMR

MRはMRは医薬品情報担当(Medical Representatives)の略で
製薬企業が自社の製造した医薬品を病院や薬局に販売する仕事です。

病院や薬局に新薬を販売することが主な仕事になるわけですが
製薬企業にとって、MRは企業の生存の要となっています。

ですので、MRは製薬企業の中でも収入が高いです。

しかし、営業成績に収入が左右されることもありますが
営業成績が良いほど収入が右肩上がりになっていきます。

例えば、国内の大手製薬企業であれば武田薬品工業やエーザイなどでは
課長職で年収1,500万円を稼ぐことも可能になります。

③地方調剤薬局の管理職

都市部以外の地方の薬剤師数は不足しています。

地方の薬剤師不足に悩んでいる調剤薬局などでは、人員を入れるために
高年収の求人を出していることが多いです。

調剤薬局は平均年収450~600万円ですが、人手不足の地方調剤薬局ですと
一般薬剤師でも年収600~700万円稼ぐことができます。

地方調剤薬局で管理薬剤師にまでなると、年収1,000万円以上まで
稼ぐことのできるケースも発生します。

年収アップを狙うのであれば、薬剤師不足の地方に引越して
働くという選択肢もありますね。

まとめ

薬剤師でも年収1,000万円以上稼ぐことは簡単ではありませんが
実現することは可能です。

年収1,000万円を稼ぐことの出来る働き方を3つご紹介しましたが
もし年収アップをお考えであれば、これらの仕事内容が自分に合っているか精査して
今後の転職活動にお役立ちいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です