薬剤師の仕事内容の種類を把握しよう!職種適正も調査

Pocket

薬剤師の仕事は、医師から受けた処方箋をもとに薬を作る調剤業務
調剤した薬について服用の仕方や効果などを患者さんに伝える服薬指導
主要な業務となっています。

しかし、薬剤師の職種は多岐にわたっており、
職種が変わることで調剤や服薬指導だけでなくその他の仕事内容も増えてきます。

この記事では、薬剤師の職種別の仕事内容や適正についてお伝えしていきます。

①調剤薬局

世間の薬剤師の職場のイメージとして浸透しているのが調剤薬局だと思います。

病院やクリニックの近くには、必ず調剤薬局がありますし
多くの薬剤師が就職・転職で調剤薬局で働いています。

調剤薬局の仕事内容

・調剤業務
・服薬指導
・薬歴管理

調剤薬局の主な仕事内容は、上記の3つになります。

医師からの処方箋をもとに調剤を行いますが、その際に処方箋の記載事項や
保険証の番号確認なども行います。

患者さんのお薬手帳などから薬歴管理(患者さんが過去に服用した薬
アレルギーや副作用はないか等の記録)することで、重複投与や薬の相互作用がないか
を確認する必要があります。

そして、患者さんと上手くコミュニケーションを取って
薬の飲み方・注意事項などを分かりやすく伝えます。

 

調剤薬局は、近くの病院やクリニックに合わせて開局しています。

病院やクリニックに入る患者数・ピーク時間・扱う薬の種類によって
調剤薬局の忙しさや残業時間は変わってきます。

もしも、就職・転職などで調剤薬局をお考えになる場合は、希望する調剤薬局だけでなく
近くにある病院も見学しておくとイメージが湧きやすくなるでしょう。

調剤薬局に向いている人

・人と話すのに抵抗がない人
・細かい作業が得意な人
・継続して仕事に取り組める人

服薬指導として、患者さんに分かりやすく処方する薬について伝える必要がありますが
患者さんは多種多様な方がいらっしゃいます。

どんな患者さんに対しても上手くコミュニケーションを取る必要がありますし
人と話すのに抵抗のない人は調剤薬局に適任だと思います。

また一日に何人もの患者さん達の処方箋や保険証・お薬手帳のチェックをするといった
ルーチンワークを行います。

細かく正確な作業が得意な人、ルーチンワークでも継続してしっかりと
仕事に取り組める人も適任であると思います。

②ドラッグストア

ドラッグストアは、薬だけでなく健康食品やサプリなどを販売しており
全国にも展開されています。

実は、ドラッグストアにも多くの薬剤師が在籍しています。

ドラッグストアの仕事内容

・一般用医薬品(OTC医薬品)の販売
・薬その他サプリの説明業務
・レジ打ち・シフト管理など店舗運営に関わる業務

ドラッグストアでは、一般用医薬品(OTC医薬品)の販売や用法・用量の説明を
人に行う必要があります。

しかし、ドラッグストアは商材が健康食品やサプリもありますので
薬だけでなく、それらについての知識も深めていく必要があります。

また、レジ打ちや接客業務だけでなく、バイトの方のシフト管理や
店舗のレイアウト検討など薬剤師でありながら経営に関わる仕事をする可能性があるのも
ドラッグストアの特徴の1つですね。

幅広い業務を行い知識を得られるチャンスがありますし、マネージャーや店長を
任されるケースも多くキャリアアップしやすい職種です。

ドラッグストアに向いている人

・人と話すのに抵抗がない人
・様々なものを学ぶことが好きな人
・リーダーシップがある人

まず、ドラッグストアでは一般のお客様に向けて接客もしないといけないので
上手くコミュニケーションを取る必要がありますし、知らない人と話すことに
抵抗がない人が適任でしょう。

そして、薬だけでなく健康食品やサプリ、接客術や店舗の経営方法など
薬剤師の一般的な業務と全く違うものについて学んでいく必要があります。

幅広い知識を吸収することが好きな人にとっては、ドラッグストアは
うってつけの職種だと感じます。

最後に、ドラッグストアでキャリアアップするとマネージャーや店長になります。

そこで働いている人のシフト管理・勤怠管理や売上管理などを行ったり
人に指示して店舗を運営していく立場となりますので
リーダーシップがある人が適任でしょう。

③病院

調剤薬局と同様に、調剤業務・服薬指導・薬歴管理を行うのが病院薬剤師の
主な業務でしたが、近年ではその他の業務も行っています。

病院の仕事内容

・調剤業務
・服薬指導
・薬歴管理
・TDM(薬物治療モニタリング)
・チーム医療
・注射薬や点滴の調剤業務

病院薬剤師は、調剤薬局の業務を行いますが外来・入院患者さんとの
接点が必然的に増え、コミュニケーションを取る機会も増えるのが特徴です。

また、病院にいる医師や看護師とチームになって、入院患者さんの体調を
治すためのプランニングを検討することもあります。

医師や看護師の医療に対する考え方や仕事の方針も学ぶことができます。

また、TDMといって、患者さんの薬物血中濃度を測定して、患者さん個人に
適正な薬の種類・薬用量や用法を設計して提案することができるのも
病院薬剤師ならではの業務といえるでしょう。

その他、病院薬剤師の特徴としては、注射薬や点滴を扱うことでしょう。

これらは内服薬と違い、人に与える作用も大きいので正確に投与量を測って
調剤する必要があります。

病院に向いている人

・チームで働くことが好きな人
・正確に仕事を行える人

病院には、医師・看護師その他医療従事者がたくさんおり
チームになって医療を行うケースが多いです。

そのためにも、チームで上手く連携を行う必要があります。

上手く連携を取るためには、コミュニケーション力や報連相
医師や看護師から薬の質問をされた時にもすぐに回答できるような知識も必要です。

チームで仕事をするのは、容易ではありませんが
その分達成した時のやりがいや得られる知識は多いです。

そして、病院は点滴や注射薬など調剤薬局にはないものも扱います。

患者さんへの投与量や投与経路の把握など慎重になって行わなければいけません。
そのため、正確に仕事を行える人は病院薬剤師に適任であると思います。

④製薬会社

製薬会社は、高年収・福利厚生面が整っているということから
キャリアアップのために転職する薬剤師も多いです。
仕事内容も非常に多いことが特徴です。

製薬会社は、仕事内容により部署が分かれています。
今回は、その中でも代表的なものに関して記載していきます。

製薬会社の仕事内容

・創薬
・DI
・MR

創薬

製薬会社の根幹を担う仕事です。

莫大な金額を投資して研究開発や臨床実験を重ねて、新薬を開発する仕事です。

創薬に就くには、大学院の卒業が条件となっており高度な知識や能力が必要です。
また、莫大な金額・時間を費やす分責任感の大きな仕事になります。

DI

DI(Drug Information)は医薬品情報管理業務を指します。

この業務は、副作用や臨床現場でのデータなど、研究開発されている医薬品に関する
情報を整理して、望む人に分かりやすく提供することです。

製薬会社のDI担当者は、病院などに務める医療事業者やMRから情報を求められます。

そのため、薬に関する知識はもちろんのことながら、ExcelやPowerPointなどを使った
資料作成スキルも必要になります。

MR

MR(Medical Representatives)は、製薬会社の営業職を指します。

しかし、営業職といってもMRに認定されるための試験がありますし
自社の医薬品の知識をしっかりと勉強して、医師にアウトプットしていく必要があります。

担当するエリアの病院を1日に数件訪問して、自社商品の説明
病院医師とのコミュニケーションを取ることが主な仕事です。

MRとして働く薬剤師の中には、医師とのコネクションを作って
将来的に調剤薬局の開業を行う人もいます。

将来、起業したいという方にとってMRは良い職業かもしれませんね。

製薬会社に向いている人

創薬

・研究開発の好きな人
・責任感のある人

創薬の仕事は、新しいモノを生み出すということで膨大な時間をかけて
研究を繰り返さなければなりません。

当然、失敗があればそれに対して改善も行わなければならず
根気の必要な仕事になります。

だからこそ、新しいモノを生み出すための研究開発が好きな人が
作業を進められますし、結果を残しやすいでしょう。

また、莫大な金額を投資して開発を進めるわけですから
その分大きなアウトプットを出す必要があります。

その責任をしっかりと持って仕事をする人が適任だと思います。

DI

・情報の分析及び整理ができる人
・相手のニーズを把握し、答をアウトプットできる人

DIは医薬品の情報に関するスペシャリストになるために
医薬品の情報をあらゆる所からヒアリングしてまとめる必要があります。

そのため、膨大な情報を分析してわかりやすく整理する能力は必須です。

また、MRや病院の医療従事者から薬に関する質問が多くあります。

相手方が薬の何を聞いているのかニーズを把握して、それに対する答を
わかりやすく伝えられる能力がある人にはDIは適任でしょう。

MR

・社内外問わずコミュニケーション力のある人
・端的に情報を伝えられる能力のある人

MRは営業として、病院の医師に関わりますが
医師も時間に余裕があるわけではありません。

そのため、限られた短い時間の中で端的に自社商品の強みを
プレゼンする能力が必要です。

また、病院といった社外の人たちに関わることだけでなく
社内のDIや創薬部門の人と連携して仕事を行うこともありますので
社内外問わずコミュニケーションの取れる方が適任だと思います。

 

まとめ

薬剤師の仕事は、調剤業務や服薬指導だけであると思われがちですが
職種が変わることによって、仕事内容も大きく変わってきます。

もしも、異職種に転職をお考えであれば、是非参考にしていただきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です