女性薬剤師はモテるが結婚できない?男目線から見る2つの理由

Pocket

女性薬剤師と言えば、付き合いたい女性の職業ランキングでは
常に上位にランクインしている男性から人気のある職業です。

それほど女性薬剤師は男性からモテます。

にもかかわらず、女性薬剤師は結婚できないと言われていますし
実際の所、30歳を越えても未婚率も高いです。

女性薬剤師はモテるにもかかわらず、なぜ結婚する人がいないのでしょうか?

女性薬剤師がモテる理由と、結婚する人が少ない理由について
勝手ながら男の目線から書かせていただきました。

以下で、詳細についてお伝えしていきます。

女性薬剤師がモテる理由

女性薬剤師がモテる理由としては、以下の理由があります。

・年収が高く安定した職業である
・理系の知識があり知的に感じる
・真面目で誠実なイメージがある
・体調管理・健康管理をやってくれそう

医療関係の資格を持っている人の職業は年収が高いのは有名です。

サラリーマンの平均年収と同等もしくはそれを上回る年収を稼ぐので
将来2人で働く場合も生活の安定が期待できますよね。

また、理系の知識があり知的に感じられています。
特に文系出身の男性からはそう思われるようです。
最近はリケジョ(理系女子の略称)ブームが流行っていますよね。

また、勉強熱心で真面目というイメージや
付き合ったら健康管理をサポートしてくれそうだと考えられており
女性薬剤師に対する高感度は非常に高いです。

なぜ女性薬剤師が結婚できない人が多いのか?

こんなに女性薬剤師はモテるのに、なぜ結婚できない人が多いのか?

これから男目線で思う理由についてお伝えしていきます。

①高嶺の花に感じる

薬剤師の年収が高いことは当然分かりますし
交際して将来結婚するとなれば、二馬力で働くと生活も安定します。

産休や育休に入ったとしても、薬剤師の資格を持っていれば
また働けることも分かります。

しかし、20代男性サラリーマンの平均年収は約350万円です。
薬剤師は男性の年収を越えている場合も当然あるでしょう。

男性は付き合う女性の年収を非常に気にします。
仮に女性が男性の年収を気にしないと言っても、男性は気にしてしまいます。

もし、意中の女性が男性の年収を上回っていたら・・・
プライドが崩れてしまい、意中の女性と付き合うにはふさわしくないと
高嶺の花だと考えてしまいます。

②女性薬剤師は男性と出会う機会が少ない

薬剤師の男女比率は4:6となっており、女性の割合が多いです。

男性薬剤師は就職・転職で製薬メーカーや食品メーカーで働く傾向が多く
調剤薬局などでは、必然的に女性薬剤師が多くなります。

このことにより、男性薬剤師と出会う機会も減ります。

調剤薬局で、男性の患者さんと接する機会は多いと思います。

男性患者さんから連絡先を渡される時もあるかもしれませんが
そのようなアグレッシブなアプローチをする人も少ないと思います。

必然的に男性と関わる機会が減ってしまいますよね。

出会いの機会に多く参加しましょう

女性薬剤師はモテる職業ですが、男性と出会う機会が少なく
また出会う男性もプライドが高い人がいるかもしれません。

しかし、とにかく男性と多く出会う機会に参加すれば
いつか理想な男性と出会えるはずです!

友人からの紹介や合コンが開催できなくても
今は街コンや料理教室、SNSのオフ会など出会うチャンスは
いくらでもあります。

積極的に参加して、意中の男性をゲットしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です