ママ薬剤師必見!パートでも年収が凄いんです!時給相場を公開

Pocket

出産が終わり子育てに慣れて、少し生活が落ち着いたので
生活費に余裕を持たせるために復職したいと考えるママ薬剤師の方は多いと思います。

しかし、正社員でフルタイムで働いて、時々残業をして・・・となると
子育てや家事などを両立するのが難しくなってしまいますよね。

そんな時には、パート勤務をするのはいかがでしょうか?

実はパート薬剤師でも年収が凄いんです!

この記事では、パート薬剤師の年収や時給の相場
パートで働く際のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

パート薬剤師の時給相場について

パート薬剤師の時給相場は、職場の地域と職種により変わってきます。

まず、地域別に時給相場は、東京・大阪などの都市部で約2,100円
その他地方都市で約1,900円というようになっています。

薬剤師のパートの時給は、全国で平均すると約2,000円と言われています。

都市部になると薬剤師の人数が多く、地方ほど薬剤師不足にはなっていません。

しかし、人口が増えていく分、薬剤師の正社員求人も増えており
正社員の休日を埋めるためのパート薬剤師の数が減少しているため
都市部のパート薬剤師の時給が地方都市よりも高くなります。

 

次に職種別に見たパート薬剤師の時給相場ですが
最も高い時給を見込めるのが、ドラッグストア、次いで調剤薬局、病院
という順番が一般的です。

ドラッグストアが平均2,500~3,000円程度
調剤薬局と病院が平均1,800~2,200円程度となっています。

時給の高さでドラッグストアで働こうとお考えになる薬剤師の方もいらっしゃいますが
OTC医薬品の販売・相談を行うだけでなくレジ打ちや接客も行うため忙しいです。

子育て・家事の両立をお考えであれば、自分が無理せず働ける環境を
吟味して職種選びをすることがベストであると思います。

パート薬剤師の収入モデルケース

パート薬剤師の時給相場が他職業に比べてとても高いことは
ご理解いただけたかと思います。

それでは、ドラッグストア・調剤薬局・病院でパート薬剤師として
働いた時の年収のモデルケースを提示いたします。

子育てと仕事を両立しやすい時短勤務で働いた場合を想定します。
ドラッグストアの時給を2,700円、調剤薬局・病院の時給を2,000円とし
8:30~15:30(6時間勤務・1時間休憩)の時短勤務で、月20日働いた場合・・・

ドラッグストア:2,700円/時 × 6時間 × 20日 =  324,000円/月
調剤薬局・病院:2,000円/時 × 6時間 × 20日 =  240,000円/月

となります。

年収換算すると、調剤薬局・病院が約280万円、ドラッグストアが約380万円
得られることになります。

パート勤務だとしても、かなりの収入を稼ぐことができるのが分かります。

もっと、多くの収入を得たい場合は、時給の交渉・勤務時間などを
転職エージェントのコンサルタントから会社側に交渉代行してもらうのが
良いかと思います。

まとめ

子育てと仕事の両立をしたいとお考えの薬剤師の方にとって
パートで働くという選択肢はとても良いと思います。

ドラッグストア・調剤薬局・病院全て時給が高く収入にも期待ができます。

自分にとって1番良い働き方ができる業種を選ぶことがベストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です