サンドラッグの薬剤師の年収は高い?勤務時間や実績から調査

Pocket

薬剤師が転職活動をするにあたりドラッグストアに転職を希望する人が多いです。

その理由として、ドラッグストアは薬剤師の職種の中で年収が高く
キャリアアップが見込めることにあります。

しかし、実際の所ドラッグストアの年収は本当に高いのでしょうか?

この記事では、ドラッグストア業界の大手企業サンドラッグの
年収はどのくらいあるのか?

その他にも勤務時間についての詳細を実績を交えながら
お伝えしていきます。

サンドラッグの年収は高いのか?モデルケースを紹介

四季報で見たサンドラッグは30歳で平均年収519万円となっています。
この平均年収は薬剤師だけでなく一般従事者の方や事務職社員まで含めたものです。

薬剤師が転職した場合の年収は約400~500万円が目安となっています。

サンドラッグの薬剤師の年収の実績について
キャリアアップすると30歳で年収600万円、35歳で年収720万円と年収アップするのが
モデルケースとして挙げられています。

一般企業のサラリーマンの平均年収が400万円。
薬剤師の平均年収は30代で500万円、40代で530万円なので
サンドラッグで働いた場合は、世間的に見ても高収入であることがわかります。

サンドラッグの勤務時間や業務内容

ドラッグストアの年収が高いのには、以下の理由があります。

・勤務時間が長い
・仕事量が多い

ドラッグストアは、営業時間が店舗により変則的で
24時間営業のところもあれば、10:00~22:00オープンの場所もあります。

シフト勤務が基本で、忙しさによっては長引いてしまう時もあるので
勤務時間が長いと言われています。

サンドラッグも、店舗によりけりですが
在籍薬剤師の少ない所やオープン時間の長い所などは忙しくなります。

サンドラッグで実際に働いたことのある人の口コミを見てみると
月の平均残業時間は40~50時間あり比較的長いと言えるでしょう。

ただ、サンドラッグは大手薬局ということもあり福利厚生が充実しています。

勤務地は、原則的に家から1時間半以内に通える店舗となっています。

退職金制度、財形貯蓄、薬剤師国家試験準備休業制度などがあるだけでなく
育児休業延長制度、育児短時間勤務延長制度、復職フォロー制度もありますので
仮に出産の関係で休職しても復職できます。

福利厚生面で考えると、サンドラッグは薬剤師が働きやすい環境だと思います。

 

また、ドラッグストアは仕事量が多いです。

サンドラッグでも一般医薬品(OTC医薬品)の販売・相談に乗るだけではなく
取り扱っている健康食品やサプリの知識も身につけなければなりませんし
接客やレジ打ちをやらないといけない場合もあります。

キャリアを積んでいくと、パートやアルバイトの方のシフト管理や
店舗のレイアウト検討など経営面に関わる仕事も行います。

決められた勤務時間の中で、多くの仕事をこなさなければならないので
大変ですが、スキルアップにも繋がります。

 

サンドラッグは、月の残業平均時間が40~50時間で仕事量も多いですが
それは店舗によります。

薬剤師の比較的多い店舗や、オープン時間の短い店舗などは
残業も比較的少なく済むでしょう。

もしもサンドラッグやその他大手のドラッグストアに転職をお考えの場合
個人でその情報を収集するのは難しいので、転職キャリアコンサルタントに
相談するのが手っ取り早いでしょう。

まとめ

サンドラッグに転職した場合、約400~500万円。
キャリアアップすると年収700万円以上という給料を得られますが
一般企業で働くサラリーマンや薬剤師の年収と比べても破格の金額になっています。

ドラッグストアという形態上、勤務時間も長く仕事量が多い傾向にありますが
店舗によって変わってきます。

まずは、情報収集などを含めて転職キャリアコンサルタントに相談してみるのが
早いかと思います。

ドラッグストアのサンドラッグに転職をお考えの場合は
是非この情報を参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です