サンドラッグのパート薬剤師は時短勤務OK?時給も合わせて調査

Pocket

子育てと仕事の両立をしたいと考えるママ薬剤師にとって
パート勤務や時短勤務で働くことは絶対に叶えたい条件だと思います。
そして、できれば給料も高い所に働きたい。
そのような理由で、ドラッグストアでパート勤務を考えるママ薬剤師は多くいらっしゃいます。
今回、ドラッグストア大手企業のサンドラッグでパート勤務で働いた場合
時短勤務は可能でワークライフバランスを保つことは可能なのか?
また時給についても調査しました。

サンドラッグは時短勤務は可能か?

薬剤師の職種の中で、ドラッグストアは忙しいと言われています。
ドラッグストアは医薬品の販売・相談に乗るだけでなく接客やレジ打ち
店舗のレイアウト変更の手伝いなど様々な仕事をこなす必要があるからです。
シフト制の勤務が基本ですが、忙しければ残業する必要も出てきます。

サンドラッグの口コミを調べてみると、一部当てはまる所がありました。

まず初めにサンドラッグは、1店舗2ライン制というシステムを採用しており
薬剤師業務と店舗業務が分かれているので、レジ打ちなどをする必要はありません。
忙しさは、店舗や立地にもよって変わります。
人員に余裕があれば仕事量も少なくシフトにも余裕が出ますが
人員が足りなければ過酷なシフトになっており朝から晩まで休憩も取らずに
働き続けることもあります。
ただし、サンドラッグは大手企業ということもあり、福利厚生制度は整っています。
育児短時間勤務制度を採用しており
小学校4年生になるまで勤務時間を6時間に短縮できることができますので
時短勤務は可能です。
忙しい店舗はあるものの、育児をしているということを
会社側に伝えれば、時短勤務も考慮してもらえます。
とはいいつつも、忙しい店舗で時短勤務をするのは心苦しいという方も
いらっしゃるかもしれません。
その場合は、転職エージェントに相談してみることが良いでしょう。
ワークライフバランスを整えやすく子育てしやすい店舗を
キャリアコンサルタントに探してもらうことができますのでオススメです。

サンドラッグのパート薬剤師の時給とモデルケースの紹介

サンドラッグのパート薬剤師の仕事は、主に調剤業務やOTC販売業務があり
地方によっても時給に振れ幅があり1,800円~2,500円ほどと変わりますが、
平均時給は約2,000円です。

もし、サンドラッグで時短勤務をした場合の給与のモデルケースを見てみましょう。

8:30~15:30(6時間勤務・1時間休憩)の時短勤務で、月20日働いた場合
2,000円/時 × 6時間 × 20日 =  240,000円/月

月収24万円の給料を得られることができます。

パート薬剤師でこれほどの給料を得られるのは、破格の条件ですね。

時給に関しても、会社と相談したい場合も転職エージェント経由ですと
キャリアコンサルタントが代行して行ってくれるので便利ですよ。

まとめ

サンドラッグは、福利厚生が整っており時短勤務が可能で
ママ薬剤師にとって働きやすい環境になっています。

しかし、店舗や立地により忙しさが変わってくるので
比較的人が多くシフトの融通が効く店舗を希望する場合は
転職エージェントサービスを利用して相談してみると良いでしょう。

パート薬剤師を経て、正社員登用制度から正社員として働く事例もありますので
安定性だけでなく給与面でも期待できるでしょう。

パート薬剤師として働こうとお考えであれば、是非サンドラッグで
働くという選択肢もお考えになってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です